悪化する前に予防する【老眼は35歳を過ぎると症状が現れ始める】

メガネ

ピント調整のしくみ

毛様体筋のケアが、老眼の予防と改善に大きな効果を発揮します。長時間に渡って近くの物を見続けないこと、蒸しタオルで目を温めることは毛様体筋の効果的なケアです。また、目の運動で血行を促進することも、老眼の症状を緩和します。

詳しく見る

メガネ

眼の老化を防ぐ方法

小さい文字が読みにくくなる老眼は加齢によって避けられない老化現象ですが、ある程度予防することは可能です。近くのものと遠くのものを交互に見る眼のトレーニングや、眼の血行を良くするマッサージなどが考えられます。老眼予防に効果があるとされるサプリメントを利用する際は、評判の良い商品を選ぶといいでしょう。

詳しく見る

男性

目を酷使しない

老眼の予防には目を酷使しないことが一番です。それから、ストレスや疲労を溜めないようにしましょう。特に40代になると起こりやすいので、意識的に気をつけるべきです。また、口コミ情報も参考にしましょう。サプリメントの利用が人気です。

詳しく見る

メガネ

目に良い栄養素

老眼を予防するには、体の老化を食い止める抗酸化物質を多く摂取するとよいでしょう。代表的成分としては緑黄色野菜に多いルテインやブルーベリーやブドウに多いアントシアニンが効果的でほとんどのビタミン類も目に良いためバランスの良い食事が大切です。

詳しく見る

女性

日々の実践で

老眼は、毛様体筋の衰えによって起こります。老眼を予防するには、この毛様体筋の伸縮に効果のある目の体操を行うと効果的です。1日に4、5回行うと良いですが、パソコンを長時間使用する人は、1時間に1回行う事をお勧めします。また、ルテインやアスタキサンチンを摂取する事も、老眼予防に繋がります。

詳しく見る

遠視との違いについて

女性

遠くも見えにくくなります

老眼と言うと近くの文字や物にピントが合いにくくなると考えていて、同じように近くのものが見えにくくなる遠視と同じものではないかと考える人がいます。遠視はもともと眼軸の長さが短いため通常の状態では網膜にピントが合わせられず、近くを見る時にはより強くピントを調節しなくてはならないけれども遠くを見る時にはそれほど調節しなくても見ることができます。一方、老眼は水晶体の弾力が弱まって厚みを増すことができなことと調節するための筋肉が衰えることによって近いところが見えにくくなります。老眼は遠くを見る時にも筋肉が衰えているためピント調節ができないため、近くも遠くもどちらも見えにくくなる特徴があります。老眼は35歳を過ぎると症状が現れ始めて、65歳位までは症状が進展していきます。老眼を完全に食い止めることはなかなか難しいけれども、発生の時期を遅くしたり、症状を軽減したりする予防はトレーニングや生活スタイルを見直すことによって可能です。老眼予防トレーニングは基本的に水晶体の厚さを調節する筋肉の毛様体筋を鍛えることになります。毛様体筋を鍛えるためには、遠くと近くを交互に2から3秒くらい見たり、眼球を回す体操をすることで鍛えることができます。一方、生活スタイルを見直すことによる老眼予防は、ブルーベリーや緑黄色野菜のような眼に良い食品を多く摂取するとともにスマホやパソコンのような近くを凝視するようなことを長時間行わないことが老眼予防となります。

Copyright© 2018 悪化する前に予防する【老眼は35歳を過ぎると症状が現れ始める】 All Rights Reserved.