悪化する前に予防する【老眼は35歳を過ぎると症状が現れ始める】

目に良い栄養素

メガネ

バランスの良い食事が大事

40歳を過ぎると多くの人が実感する老眼ですが、目が老化するから誰も食い止めることはできないと考える人が大多数です。しかし、体のアンチエイジングができると言われているように老眼も対策をすることで予防することができ、老眼になる時期を遅くしたり、症状が進むのを予防することができるのです。老眼を予防するのに良い食べ物というと体の老化を防ぐ食べ物と同様に老化を防ぐ抗酸化物質を多く含んだものが良いとされています。抗酸化物質の中でも最も目に良いとされている成分がルテインになります。ルテインは老化を予防する強い抗酸化作用を持っているとともに水晶体や網膜を守る効果があります。ルテインが不足すると白内障などの目の病気にかかることもわかっています。ルテインを多く含む食品として、セロリやケールといった緑黄色野菜があげられます。またブルーベリーで有名なアントシアニンも老眼予防効果があるとされています。アントシアニンはポリフェノールの一種でアンチエイジング成分としても有名です。その中でもアントシアニンは目の疲れを取ったり、目の健康を維持する効果があるとされています。アントシアニンはブルーベリーに多く含まれていますが、特に皮に多く含まれています。ブルーベリー以外ではぶどうやあずきにも多く含まれています。その他にもほとんどのビタミン類は目に良い栄養素なので、偏った栄養素だけを摂取するのではなくバランスの良い食生活をしていくことが重要です。

Copyright© 2018 悪化する前に予防する【老眼は35歳を過ぎると症状が現れ始める】 All Rights Reserved.